0800_29_SEP_15_ikagawa.JPG

牛飼い農家の里山チーズ工房IKAGAWA
From Cow to Cheese, Traditional Natural Cheese, Ikagawa Farm

後編
自然を活かし、生かされる。五十川家の里山ライフスタイル

Craftsmanship of Cowherd & Natural Cheese Maker in Country Place

前編  自然とともに生きる、牛飼い農家のこだわりチーズ。

自然の恵みを活かしきる


「やりたいコトを続けるためにはお金と共感してくれる仲間も必要」
効率より安全を優先する自然寄り添う暮らし方は、心に豊かさをもたらしてくれるが、経済的
いを求めるのは正直難しい。そして子育てにはお金がかかるのも事実。

五十川家では、ジャージー牛のほか、ニワトリや烏骨鶏、最近はサクラとメイのヤギ2頭も飼い始め
た。ニワトリ卵を、ヤギは、雑草を食べてくれる働き手として、ときに他の農家に貸し出すことも
ある。ブトシの幼虫を大量に飼って肥えた土作りに活かしたり、すずなりの庭の柿を発酵させて
柿渋をの梁や柱に塗装して補強する。薪ストーブからでる木酢液は牛たちの虫除けスプレー
になる。

Making cheese by getting blessing of Nature

To continue our way, we need capital and friend who understand and help us.
Our life style, taking importance for safety more than efficiency gives us wealth of spirit,
but it is not equal with wealth of economy. And we have to raise our child in real life.

Ikagawa family raises chickens, silky fowls and goats, too.
Sometimes they take chickens to farmers, to let them eat weeds on their farm for helping
them taking care of their farm.
Ikagawa family makes many things by their own hand. They raise many grubs to make soil rich,
makes paint ink from Persimmon and paint on house wall, Make bug spray for cattle from fire wood. Everything is all natural.

1047_29_SEP_15_ikagawa.JPG

田んぼの脇に咲く野菊に、ふと心が休まる。

0326_29_SEP_15_ikagawa.JPG

虫除けに効果があると言われる手作りの木酢液をふきかけ、丁寧にブラシング。毛並みがとても美しい。

近所の人から教えてもらった暮らしの知恵も取り入れながら、身の回りにある自然の恵みはとことん
使ってみる。「でも、これって昔の農家はみんなやっていたこと。お金をかけなくても、豊かな暮ら
しってできるんですよね」

明子さんは、工房を立ち上げた当初、「若い人に借金をしなくても自給自足をしながらチーズ作りが
できることを知らせたかった」という。古民家を改築して工房を作り、道具も可能な限り手作りした。
夫の敬記さんが開発した搾乳機は、ホームセンターで材料を調達して低予算で作れるオリジナルで今
充博さんが使っている。乳搾りの小屋も敬記さんの手作りだ。

ゆかさん曰く、「父はなんでも手作りしちゃう人」の遺志を受け「あるものを使って生活する」のが
五十川家のポリシーだ。豊な自然に活かされている、と実感する。

Neighbors teach us wisdoms of life style in countryside. They try to use natural materials
to supply our needs, as much as they can. Then, they realized that “Good life is not equal
with wealth. And in old time, that kind of life style was common among farmers.”

Akiko says, when she started to run the cheese factory, she wanted to tell young people
that“We can make cheese without taking out a loan, but as self-sufficient ”.
Her husband and she rebuilt old house and made tools by themselves. He made a Milker,
and even built a milking house and it is still useful today.

Yuka, their daughter sais that her father was very good at D.I.Y.. She was inspired by him,
and she takes importance of making things from natural things near her life.
She sais living in that way, she feel our life is based on the nature and gratitude to the nature.

0233_29_SEP_15_ikagawa.JPG

今は亡き敬記さんが考案した手作りの搾乳機。ミルクのおいしさを壊さずストックできる。

0812_29_SEP_15_ikagawa.JPG

ムチュリを鍋で溶かし、茹でたじゃがいもをからませる、シンプルな料理が何より美味しい。

運命の出会いがつなぐ、工房の未来。


充博さんは、実家のある三重県桑名市で家族とともにコンビニ店を始めて10年目、当時趣味で始め
スポーツ、トライアスンで努力しただけの成果がでる喜びを知り、仕事も「地道に働いた結果
形になる仕事を見つけたいと家を出た。

農業に興味があり、北海道で一年に及ぶ研修を経た後、農業のさらなる可能性を見つけようと自転車
で日本一周の旅に出た。そんな充博さんが最終的に、いすみでのチーズ作りの道を選んだ決めては?
「妻の存在です」

The Future of Ikagawa Cheese Factory

Mitshuhiro and his family opened a convenience store but he began to seek for a job
which he can feel a accomplishment by making effort. That was what he learned from
his hobby, triathlon that “efforts bear fruit”.

He was interested in farming so he went to Hokkaido to learn about farming for one year.
After that, he went on trip by bike all over Japan to find new possibility for farming.
And he found Ikagawa farm. He made a decision that he makes cheese at Ikagawa farm.
And that was because of Yuka, Mitsuhiro and Akiko’s daughter and now is his wife.

0019_29_SEP_15_ikagawa.JPG

早朝から工房でチーズづくりに励む明子さん。還暦を過ぎての立ち仕事は厳しいが楽しい。

1038_29_SEP_15_ikagawa.JPG

田んぼのぬかるみに長靴を取られて、エイヤッ!と素足になったゆかさん。稲刈りも子育ても豪快。

0995_29_SEP_15_ikagawa.JPG

ひたすら、自然と向き合う。無農薬無化学肥料で栽培した稲を刈る。天日干しも昔ながらのやり方で。

旅の途中、チーズ作りと販売について話を聞こうと工房を訪ねたことがきっかけで、当時、看護師の
仕事を辞めて「将来子どもを自然豊かな里山で育てたい」と実家に戻って来ていたゆかさんと合い、
いわゆる一目惚れ、プロポーズをした。

ゆかさんも充博さんのもくもくと働くまじめさと笑顔に運命を感じた。出会いから結婚にいたるまで
ヶ月ちょっと、ゆかさんとの里山暮らしが始まった。

充博さんは、その頃、すでに体調を崩していた工房主の敬記さんについて、牛飼いやチーズ作りにつ
さまざまなことを教わった、というより仕事を手伝いながら見よう見まねで覚えていった。

運命の糸は、敬記さんの想いを汲んで、急速にたぐり寄せられたのかもしれない。

On the way of bike trip, he visited Ikagawa Farm to hear about making cheese and
the way to sell their products. Then he met Yuka, quit her work as Nurse and returned
home to live in the nature. He took shine for her and ask he to marry him.

Yuka felt destiny for Mitsuhiro, working hard and seriously on the farm.
Three months later from their first met, they got married.

Mituhiro practiced and learned many things about raising cattle and cheese
makingfrom Yuka’s father, who was already sick. There might be something his pray
brought Mitsuhiro to Yuka.

0044_29_SEP_15_ikagawa.JPG

充博さんのお手製サイクルスタンドの前で、ゆかさんと羽奈ちゃん。

0826_29_SEP_15_ikagawa.JPG

運命の人と出会った。田畑仕事もともに、が楽しい。

頼りになるのは、チーズ村の創始者、Mr.駒形。


いすみのチーズ村誕生のきっかけをつくったのが、最初に工房を立ちあげた、チーズ工房フロマージ
KOMAGATAの駒形雅明さん。

大手乳業メーカーで、乳清の研究や製造プラントの設計を担当した後、代表を長年勤めた駒形さん
世界中の乳製品を食べ歩きチーズを知り尽くした人物。


Mr. Komagata, The Founder of Cheese Village in Isumi

Mr. Masaaki Komagata opened the first cheese factory “Fromage KOMAGATA” in Isumi.
Without him, the cheese village was not exist in Isumi.

He used to work at a big Milk Products company. He researched cheese whey and designed manufacture plant and became a head. After his retirement, he went all over the world
to try and learn about cheese. He is professional for cheese.

0509_29_JUN_15_komagata.JPG

チーズ村の相談役として、村をひっぱる駒形さん。チーズに向き合う姿勢は、誰よりも厳しい。

0057_29_JUN_15_komagata.JPG

固まり始める乳をお手製のネットでカット。絶妙な頃合いは経験で見極める。

0579_29_JUN_15_komagata.JPG

駒形さんの作るチーズはファーストクラスの機内食にも採用された逸品揃い。

明子さんをはじめ、チーズ村の職人にとっては、「チーズ作りはもちろん、どんなことでも相談にの
てもらえる」心のよりどころだ。駒形さんのチーズは某国際線ファーストクラスの機内食にも採用
れているほか、メディアの取材も絶えず、日本のチーズを語る上で欠かせない重鎮だ。

駒形さんは、定年後、日本の酪農を支えていくためにも、「チーズ作りという発酵文化を日本に根付
かせたい」との思いから、ここ、いすみの里山に移住。チーズ工房を構えて、多くの研修生を受け入
れ、巣立たせてきた。

He supports cheese farmers in Isumi. Not only about making cheese, also about other
things he listen to problems from farmers and gives them advice.
Mr. Komagata’s cheese is served for First Class customers in airplanes.
His cheese was found in many articles, he carries quite some weight in Japanese Cheese History.

After his retirement, to support milk husbandry in Japan and to base a new fermentation
food culture “cheese” in Japan, he moved to mountain in Isumi. He founded the cheese
factory and taught how to make cheese to many trainee.

0334_29_JUN_15_komagata.JPG

佇まいは小さいが、多くの研修生が学び、ここから巣立っていった。

0433_29_JUN_15_komagata.JPG

工房のある高台から見渡せる、美しいいすみの田園風景。

「駒形さんはチーズ作りに欠かせない菌使いの達人、まねできない」と明子さんも駒形さんの豊富な
知識と経験を頼りに工房を訪ねることが多い。

駒形さんは、チーズ作りへの敷居を低くするため、必要な道具は、身近にある材料を使って自分なり
にカスタマイズして作っている。明子さんが使っている、チーズの加熱と冷却に便利な金属製のジャ
バラホースの装置は、駒形さんからアイデアを得て、敬記さんが作ったものだ。掘削機で岩盤をくり
抜いて作った熟成庫も、駒形さんを見習った。

“Mr. Komagata is professional for bacteria cultivation.” Akiko says.
She visits him to ask about making cheese, too.

Mr. Komagata made tools for making cheese using materials people can get easily.
He customized those tools by his own way so that people can start making cheese easily.
Ikagawa factory learned how to make those tools and a cave from Mr. Komagata and
made by their own selves.

0547_29_JUN_15_komagata.JPG

いすみの心地よい里山に構えたチーズ工房。ここから、チーズ村が広がっていった。

0326_29_JUN_15_komagata.JPG

岩盤をくり抜いた貯蔵庫。ひんやりと一定の温度を保ちながら、チーズは発酵を重ねていく。

日本の酪農の先行きが危ぶまれるなか、「日本はもともと酒や味噌など、発酵文化の根付いている国。
同じ発酵食品としてチーズの文化ももっと広まってほしい」と駒形さんは願っている。

There is fermentation food culture in Japan such as Sake and Miso.
Mr. Komagata hope that Cheese culture will be more popular in Japan as fermented food
such as originally fermented food in Japan.

0380_29_JUN_15_komagata.JPG

とりどりの果実が実る自慢の庭では、趣味のゴルフが楽しめる。時に息抜きも必要。

里山暮らしで見つける幸せのかたち

チーズ工房IKAGAWAではチーズを作っているだけではない。
田んぼでは、無農薬無化学肥料で稲を育て、昔ながらの天日干しで米を作り販売もしている。稲藁
は、冬場の牛のエサになり、牛の糞を堆肥にして田畑を耕す。

米も野菜も除草剤や化学肥料を使わず育てている。

The Happiness of Life in Country Side

Ikagawa farm grow vegetables and cultivate rice organically, After they mow the rice,
they dry it in the sun by traditional way.

They sell rice beside selling cheese. Rice Straw becomes food for cattle.
Cattle dung becomes compost to enrich soil for farm.

0633_29_SEP_15_ikagawa.JPG

もっちり滑らか、乳を知り尽くした明子さんの自慢の逸品、モッツアレラチーズ。

0032_29_SEP_15_ikagawa.JPG

ふらりと訪れるお客様との会話も楽しい、チーズ工房IKAGAWA。

1073_29_SEP_15_ikagawa.JPG

牛飼い農家としてのこだわり、昔ながらの天日干しの米つくり。自然に流れに沿う生き方を貫ぬいてゆく。

自然のサイクルの中で循環する農業を続けながら、自分たちの生き方を理解し、時に支えてくれる地
域と関わりを大切に生きる。そんな暮らしの中から生まれたチーズは、チーズ工房IKAGAWAなら
ではの、おいしさへの自信と豊かさがある。

Farming in the system of the nature, Ikagawa family graduate neighbors who understand
their life style. They have confidence of taste of cheese and are proud of it, because they
were born in such a wonderful and natural environment.

1119_29_SEP_15_ikagawa.JPG

家族4人で追い求める幸せのかたち。元気でおいしい笑顔がすべてを物語る。

これらチーズは、最寄りの道の駅、ごじゃ箱岬店や、ネットでも販売もしているが、遠方から直接工
房へ買い求めに来る客も少なくない。手作りだから大量生産はかなわないが、それでも、「うちのチ
ーズを美味しいと言って、食べて喜んでくれる人がいるから続けられる」。

試行錯誤しながらも、家族が皆健康でおいしくて安全な食べ物がある、里山暮らしの幸せのかたちを、
いしいチーズを通して味わってもらいたい。

Their cheese is sold at the station and store near their place and online store.
Still, there are many people who visit their factory from far away to buy their cheese.

They can’t produce so much cheese because everything is hand-made.
But people who love and enjoy their cheese cheer up Ikagawa Family to keep making cheese.

The happiness of country side is the essence of cheese which is safe, delicious, and
enjoyable with family. Enjoy the taste of mother nature and happiness.


1208_29_SEP_15_ikagawa.JPG

ナスもトマトも無農薬。新鮮で安全な野菜を食べたい。

1098_29_SEP_15_ikagawa.JPG

なかなか手に入らないムチュリをはじめ、こだわりの手作りチーズを販売している。